読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォロワーと海に行きたい

モテとか読書と軌跡についてのネタ多め

街コン戦記Ep.5 〜確執(こうよう)〜

街コン戦記

街コン戦記を終わらせなければならない今日このごろ。紅葉を見に行ってきました。
s_s_IMGP3374.jpg

一歩前進か!?

 寒さも深まり、紅葉も徐々に終わりに近づこうとしている中、紅葉デートに誘うことができました。
今回行った公園は、割りと山の中なので、道に迷わないように、前日ルート確認がてら下見を行いました。恥ずかしながら。

 これまで夜に食事デートだけであったので、初お出かけデートです。
また、車買ってからの夢であった、「助手席に女の子」を成し遂げた日でもありました。

 今回のデートでは、前回成し得なかった、手を繋ぐということができ一歩前進できたと思います。

 公園を少し歩くと、展望台までの階段が続いている道があました。ここしかないと思いました。「手をつなごう」と意思表示をした上で手をつなぎました。快く受け入れてくれたので、ガチで嬉しかったです。手を握ると、街コン娘は、私の手が冷たくて驚いていました。私の手は自分より手が冷たい人に未だ出会った事ないくらいに冷たいです。ここで、「手は冷たいけど、心は暖かい男だゾっ♡」って言いたかったけど、言えませんでした。

紅葉をひとしきり見たところで、お土産屋のような喫茶店のような所で休憩しました。

 喫茶店をでたところで午後3時半すぎ。この後の予定は正直にあまり考えていませんでした…。(予想以上に紅葉散策が早く終わりました…)
 しかし、なんとかかんとかして、夕食も一緒に食べるまで持ちこたえたって感じです。早めの夕食後、街コン娘を家の近くまで降ろしてバイバイしました(^_^)/~

…おわり。

帰り際に…

 帰り際告白しよう!と思いましたが、できませんでした。後半グダグダになったので、ちょっとそういう雰囲気じゃなかったと言い訳をしたいところですが、全くもって意気地なしです。しかし、前回成し得なかった「手を繋ぐ」ことができただけで良しとします。インターネット情報によると、手を繋いだ次以降のデートでは、さも当然のように手を繋ぐことが必須のようです。次のデートでは、まず、このことを行い、告白が目標です。そして街コン戦記感動の最終回を迎えたいところです。

追記

街コン戦記外伝全然書けない。