フォロワーと海に行きたい

モテとか読書と軌跡についてのネタ多め

街コン戦記最終回 〜希望〜

ついに街コン戦記、最終回を迎えることができました。

水族館に出かけ、帰り際に告白、OKを頂きました。ついに彼女ができたのです!
IMG_3252.jpg

やけくそな告白

 
 今回はちょいと遠出をして水族館に出かけました。水族館デートは、良いムードになりやすいというインターネット情報をキャッチしたので、私もいい雰囲気になったら告白するぞーと意気込んでいましたが、そんないい感じの告白はできませんでした(笑)

むしろ、いい感じの雰囲気になるどころか、無言な時間も多く、彼女もあまり面白そうに見えなくて、もうダメだ…今日で終わりだ…って思ってしまいました。特にこれといったこともなく、水族館を後にし、ご飯を食べて、もうダメならいいやと思って帰り際車の中で「好きです。付き合ってください。」と普通な告白をしました。

すると、
「え!?このタイミングでww」と笑われました(笑)

しかし、OKをもらえることができました。

もっといい感じで告白したかったです…。やっぱ非モテ非モテなんだなあって感じです。

なにはともあれ嬉しいです!ありがとう街コン!

街コン戦記

完!

街コンは出会えるところだった!

 街コンで彼女はできます。

街コンでは彼女を作ることができるのはほんの数%、だから金の無駄!なんてデータもあるようですが、
参考➜「街コン婚活成功率3%」の謎

 そんなデータに尻込みせず、出会いがなくて、彼女を作りたければ、街コンにいくしかないのです。しかし、ただ街コンに行くだけではダメだと思す。勉強と、実戦が必要です。非モテにも色々なタイプはあるかと思いますが、私は、今まで女性と接する経験が少なく、コミュニケーションを取るとキョドってしまう草食系非モテです。

似たような非モテには、以下の流れを参考にしてもらいたいです。

?モテ本で勉強

?真面目な出合い系(pairsなど)で女性と会って練習する

?街コンで出会う

この流れが最強だと思います。

 モテ本は一体何を読めばいいかわからない人は、是非以下の本を読んでもらいたいです。
ありがとう愛也先生!藤沢数希先生!両著とも、ただのお堅いモテマニュアル本ではありません。「LOVE理論」ははっちゃけすぎてて笑いながら読めます。「僕は愛を証明しようと思う」は小説のようになっていて、手軽な読み物として読めます。

私と同じような非モテの皆さんには頑張って欲しいです。

追記

 フザケ半分で街コン戦記なんてものを書き始めましたが、本当に彼女ができるとは思いませんでした。何気にブログやツイッターで次のデートでは手を繋ぐ、とか告白するとか書いていくことは、効果があるなと思いました。たとえネットとはいえ、こうした宣言をすることで、適度に追い込むことが大切だと思います。